Snagit の基本設定

思いどおりにキャプチャ、編集、共有、保存できるようにするため、Snagit の設定を確認します。

tutorial

このチュートリアルの内容:

[Snagit の基本設定] を開く

  • Windows: 
    • キャプチャ ウィンドウ > [ファイル] > [キャプチャの環境設定] を選択します。
    • Snagit Editor > [編集] > [Editor の環境設定] を選択します。
  • Mac: Snagit Editor > [Snagit] > [基本設定] を選択します。

[全般] タブ

メモ: Windows では、[キャプチャの環境設定] ダイアログと [Editor の環境設定] ダイアログの [全般] タブで、いくつかのオプションの場所が異なります。

オプション

説明

Windows 起動時に Snagit を実行 (Windows)
常に Snagit をバックグラウンドで実行 (Mac)

コンピューターの起動時に Snagit を実行します。

メモ: Windows では、このオプションは [キャプチャの環境設定] ダイアログでのみ選択できます。

キャプチャ インターフェイスのオプション (Windows)
Snagit の表示 (Mac)

  • キャプチャ ウィンドウ: すべてのキャプチャ設定と、すばやくキャプチャするためにカスタマイズしたプリセットが表示されます。
    キャプチャ ウィンドウ
  • キャプチャ ウィジェット (以前の [ワンクリック] タブ): すばやくキャプチャするためのオプションを画面の端にタブとして表示します。青いバーの上にカーソルを置くと、ウィジェットが表示されます。青いバーをドラッグすると、ウィジェットの位置を画面上部 (Windows のみ) または横 (Windows および Mac) に変更できます。

メモ: Windows では、[Snagit Editor の環境設定] ダイアログでキャプチャ ウィジェットのオプションを選択することもできます。[全般] タブで [キャプチャ ウィジェットを表示] を選択します。

Snagit テーマ (Windows)
Editor カラー テーマ (Mac)

ドロップダウンから [ライト]、[ダーク]、または [システム] (Mac) を選択して、Snagit インターフェイスのカラー テーマを選択します。
[ライト] と [ダーク] のカラー テーマ

オンボーディングを表示 (Windows)

初めて機能を選択したときに、新機能の紹介や機能説明のためのポップアップ ウィンドウを表示します。

ツールヒントにビデオを表示

ツールヒントに、ツールの機能を説明する短いループするアニメーションを表示します。

匿名で使用状況のデータを送信する

TechSmith が将来のバージョンを改善するのに役立てるため、Snagit の使用状況に関する匿名データを送信します。使用状況のレポートについては、TechSmith の Web サイトで詳しく説明しています。

通知

以下のオプションから、どの通知を受信するかを選択します。

  • 通知を表示しない
  • ヘルプ通知のみ表示: Snagit の機能を使用するためのヒントを入手できます。
  • ヘルプと TechSmith のプロモーションを表示 (Windows) / TechSmith のすべての通知を表示 (Mac): ヒントやコツ、TechSmith のセールスやオンライン セミナーに関する情報、その他のプロモーション メッセージなどを受け取ります。

匿名でクラッシュ レポートを送信

TechSmith による不具合の特定と解決に役立てるため、Snagit のクラッシュに関する匿名レポートを送信します。

更新プログラムの有無を自動的に調べる

インターネットに接続すると自動的に Snagit の最新バージョンを確認します。

Mac では、Snagit が更新プログラムを確認する頻度と、更新プログラムを自動的にインストールするかどうかを選択します。

メモ: Windows では、このオプションは [Editor の環境設定] ダイアログでのみ選択できます。

“今後表示しない” の警告をリセット (Mac)

以前にメッセージで [次回から確認しない] オプションを選択した場合は、このボタンをクリックしてすべてのメッセージをリセットし、再度表示することができます。

[キャプチャ] タブ

オプション

説明

キャプチャ時に Snagit を非表示

キャプチャ中に Snagit を非表示にして、キャプチャに Snagit が含まれないようにします。

システム ツールからコピーしたスクリーンショットを開く (Windows)

Snipping Tool や Snip & Sketch などのシステム ツールを使ってキャプチャしたスクリーンショットを Snagit Editor で開くことができます。

拡大鏡を表示 (Windows)

拡大鏡は、キャプチャする範囲を選択する際に、ピクセル単位で正確にキャプチャするために役立ちます。
キャプチャの拡大鏡
キャプチャ中に拡大鏡を非表示にするには、M キーを押します。

シンプルな十字線 (Windows)

キャプチャ性能を向上させるため、シンプルな十字線を表示します。

ビデオ録画を自動で開始

ビデオの録画範囲を選択した後で、自動的にビデオの録画を開始します。

デフォルトでは、このオプションは無効になっています。録画を開始するには、録画ボタンをクリックする必要があります。

ビデオの秒読みを表示

ビデオの録画を開始する前に 3 秒間のカウントダウンを表示します。

全画面録画でクイック コントロールを表示

全画面ビデオの録画中に、画面右下に Web カメラ ボタンと一時停止ボタンを表示します。

Snagit でシステムのスクリーンショットとビデオを開く (Mac)

macOS のシステム ツールやキーボード ショートカットを使ってキャプチャしたスクリーンショットやビデオを Snagit Editor で開くことができます。キャプチャはシステムのデフォルトの場所から Snagit ライブラリに保存されます。

[元のファイルを保持] を選択すると、元のファイルのコピーが Snagit ライブラリに作成されます。

キャプチャ権限 (Mac)

Snagit では、画像やビデオをキャプチャし共有するための権限が必要です。[キャプチャ権限を修正] をクリックして [システム権限] ダイアログを開き、Web カメラ、マイク、スクロール キャプチャなどを有効にします。「Mac OS の権限」を参照してください。

ビデオ品質 (Windows)

ビデオ録画の品質を選択します。ビデオの品質を高くすると、ファイル サイズが大きくなる場合があります。

フレーム レート (Mac)

ビデオ録画のフレーム レートを「低」「中」「高」から選択します。フレーム レートを高くすると、ファイル サイズが大きくなる場合があります。

キャプチャを 1920×1080 に縮小 (Windows)
Retina ビデオ録画を低解像度処理 (Mac)

ビデオ録画をより小さいサイズに縮小します。オリジナルの録画サイズによってサイズが異なる場合があります。

ビデオの画質が気になる場合は、このオプションを無効にしてみてください。この機能を無効にすると、テキストやグラフィックはより鮮明に表示されますが、ビデオのファイル サイズやビデオ サイズが大きくなる場合があります。

システム オーディオ コンポーネント (Mac)

TechSmith Audio Capture Component を使用すると、ビデオ キャプチャ中にシステム オーディオ (コンピューターのスピーカーからの音) を録音することができます。[コンポーネントをアンインストール] をクリックすると、システム オーディオ プラグインがコンピューターからアンインストールされます。詳細については、「Mac OS の権限」を参照してください。

メモ: このプラグインを必要とするアプリケーションでは、システム オーディオを録音できません。

Web カメラを有効にする (Windows)

カメラの映像を録画するために、内蔵または接続されているカメラ デバイスを選択します。詳細については、「Snagit でビデオを録画する」を参照してください。

[ホットキー/キーボード] タブ

デフォルトのホットキーの一部を変更することができます。デフォルトのホットキーの一覧を表示するには、「Snagit ホットキー ガイド」を参照してください。

Windows でデフォルトのキーボード ショートカットを変更するには:

  1. キャプチャ ウィンドウ > [ファイル] > [キャプチャの環境設定] > [ホットキー] タブを選択します。
  2. 目的のショートカットを選択します。
  3. Snagit を実行中にショートカットが他のアプリケーションと競合しないようにするには、[他のホットキー割り当ての上書きを Snagit に許可] チェックボックスをオンにしてください。
  4. [OK] をクリックします。

Mac でデフォルトのキーボード ショートカットを変更するには:

  1. Snagit Editor > [Snagit] > [基本設定] > [キーボード] タブを選択します。
  2. キーボード ショートカットのボタンをクリックします。
  3. キーボードで、使用するキーの組み合わせを押します。

新しいキーボード ショートカットがフィールドに表示されます。

[Editor] タブ (Windows)

オプション

説明

Editor ワークスペースの色

Editor の背景色を選択します。
Editor の背景色

アプリケーションとキャンバス上でプレビューされるキャプチャのコントラストを高めるには、背景色を変更することをお勧めします。

最近のファイルのサムネール サイズ

最近のキャプチャ トレイのサムネールのサイズを変更するには、ドロップダウンから [最近のファイルのサムネール サイズ] > [小]、[中]、[大] のいずれかを選択します。

オブジェクトに合わせてキャンバスを自動で拡大

現在の画像より外にオブジェクトを貼り付けたりドラッグしたりした場合、自動的に画像のサイズを大きくします。

メモ: Mac では、このオプションは [詳細] タブで選択できます。

Esc キーで Editor を閉じる

Snagit Editor を終了するキーボード ショートカットを Esc キーに設定します。

このオプションはデフォルトでオフになっています。Snagit を終了するには、[ファイル] > [Snagit Editor を終了] を選択します。

カーソル クイック スタイルのポップアップを表示

キャンバス上のカーソルの横にツール スタイルのプレビューを表示します。
カーソルのクイック スタイルのポップアップの例

ツールバーのラベルを表示

Snagit Editor ツールバーにアイコンとテキスト ラベル、またはアイコンのみを表示します。

テキスト ラベルのあるツールバーとラベルのないツールバー

スペル チェックを有効化

OS のスペル チェックを有効にして、吹き出し、テキスト ボックス、テキスト取り込みの出力でスペル ミスのある語を識別します。

ドロップダウンからスペル チェックの言語を選択します。

[共有] タブ

キャプチャを共有する」を参照して、[共有] タブに関する詳細をご確認ください。

[ライブラリ] タブ (Windows)

オプション

説明

最近のファイルに表示する最大数

[ファイル] > [最近開いた項目] で、一度に表示する最近のファイルの最大数を入力します。1~15 の数字を入力してください。

新しい画像キャプチャを自動的にライブラリに保存

デフォルトでは、新しいキャプチャは自動的に Snagit ライブラリに保存されます。このオプションを無効にすると、未保存のキャプチャは Snagit を閉じたときに閉じられ、削除されます。

新しいビデオ キャプチャを自動的にライブラリに保存

デフォルトでは、新しいキャプチャは自動的にライブラリに保存されます。このオプションを無効にすると、未保存のキャプチャは Snagit を閉じたときに閉じられ、削除されます。

ファイルを削除する前に操作を確認

Snagit でファイルが削除される前に確認メッセージが表示されます。

Editor を閉じるときにトレイからすべての項目を削除

Snagit を閉じるときにトレイ内のすべてのキャプチャが削除されます。次回 Snagit Editor を開いたときには空のトレイが表示されます。

ライブラリの場所

デフォルトでは、ライブラリ ファイルは次のフォルダーにあります: C:\ユーザー\\ドキュメント\Snagit。場所を変更するには、[場所の選択] をクリックします。詳細については、「ライブラリを管理する」を参照してください。

過去のキャプチャを変換してアクセスするためのプロンプトを表示

Snagit 2022 で初めてライブラリを開いたとき、Snagit は以前のキャプチャを SNAG ファイル形式から SNAGX に変換するように促します。[無視して変換しない] を選択した場合、このオプションを選択すると、Snagit の以前のバージョンからキャプチャを変換するためのプロンプトが再度表示されます。

[詳細] タブ

オプション

説明

常に Editor をバックグラウンドで実行 (Windows)

このオプションを有効にすると、Snagit Editor でキャプチャをすばやく開くことができます。有効にすると、Snagit Editor ウィンドウを閉じても、Windows タスク マネージャーで Snagiteditor.exe が実行されたままになります。

切り抜いたコンテンツを削除 (Windows)

画像から切り抜かれたコンテンツを自動的に削除します。

貼り付けた画像を自動的にフラット化 (Windows)

キャンバスに貼り付けられた画像やオブジェクトを自動的にフラット化します。フラット化すると、貼り付けられたオブジェクトは編集できなくなり、完全に画像の一部になります。

共有時に Retina 画像を縮小 (Mac)

標準解像度の画面での表示を改善するため、Retina 画像のサイズを小さくします。このオプションはデフォルトで有効になっており、以下のときに画像のサイズが縮小されます。

  • Snagit の共有先で画像を共有するとき。
  • Snagit Editor から画像を別の場所にドラッグするとき。

ヒント: Shift キーを押したまま、Snagit Editor から画像をドラッグすると、この設定が一時的に無効になります。

保存時に編集可能なキャプチャの複製を保持 (Mac)

トレイに .snagx ファイルのコピーを作成し、.png など別のファイル タイプに保存する際に編集できるようにします。

オブジェクトに合わせてキャンバスを自動で拡大

現在の画像より外にオブジェクトを貼り付けたりドラッグしたりした場合、自動的に画像のサイズを大きくします。

メモ: Windows では、このオプションは [Editor] タブで選択できます。

キャンバスにクイック編集ツールバーを表示 (Mac)

吹き出し、テキスト、図形、その他のツールのプロパティをフローティング ツールバーに表示します。
クイック編集ツールバー

常にこのサイズで新しいキャンバスを作成 (Mac)

[ファイル] > [新規作成] > [新規画像] (Command+N) を選択したときのデフォルトの画像サイズを設定します。このオプションを有効にすると、新しい画像のカスタム サイズを入力するダイアログは開かなくなります。

常にモノクロのメニュー バー アイコンを使用 (Mac)

ビデオの録画中は、Snagit メニュー バー アイコンが赤くなります。録画時に Snagit アイコンをモノクロのままにしたい場合は、このオプションを選択します。
ビデオ録画中の赤い Snagit アイコン
ビデオ録画中の白い Snagit アイコン

自動保存場所 (Mac)

未保存の画像キャプチャは .snagx ファイルとして、ビデオ キャプチャは .mp4 ファイルとして、次の場所に保存されます: /ピクチャ/Snagit。

[選択] ボタンをクリックして、別の場所を選択できます。「ライブラリを管理する」を参照してください。

ドラッグ & ペースト形式 (Mac)

Snagit Editor から別のアプリケーションや場所にキャプチャをドラッグするときのデフォルトのファイル形式を設定します。

モバイル シェアリング (Mac)

このオプションを有効にするには、[ファイル] > [モバイル デバイスを接続] でモバイル デバイスを追加し、モバイル デバイスと Snagit の間で画像やビデオを共有できるようにします。

  • 元の画像サイズを維持: Snagit は、Snagit Editor で見やすいようにモバイル画像のサイズを自動的に変更します。このオプションを有効にすると、モバイル画像を元のサイズで読み込むことができます。
  • 接続名: TechSmith Fuse にはそれぞれの接続が保存され、モバイルの画像やビデオを送信する先の Snagit インスタンスを選択できます。Snagit を実行している正しいコンピューターに必ずファイルを送信するため、各接続の名前をカスタマイズすることができます。
  • ポート: TechSmith Fuse と Snagit を接続するためのポート番号です。