tutorial

メモ: Snagit のツールは画像キャプチャにのみ使用できます。ビデオに注釈や効果を付けてビデオの効果を高めるには、TechSmith Camtasia に共有します。

ペンで線を引く

  1. Snagit Editor ツールバーのペン ツールをクリックします。
    ペン ツール
    メモ: ツールバーにツールが表示されていない場合は、[その他] ドロップダウンをクリックします。ツールバーをカスタマイズするには、「Snagit ツールバーをカスタマイズする」を参照してください。
  2. クイック スタイルを選択するか、ツールのプロパティを編集してツールをカスタマイズします。「ツールのプロパティ」を参照してください。
  3. キャンバス上でクリックしてカーソルをドラッグし、直線を描画します。

ペンの線を編集する

メモ: ペンの線を編集するには、線を引く前に [ベクトルとして作成] (Windows) または [編集可能な線を作成] (Mac) オプションを選択する必要があります。このオプションを選択せずに引いた線は、編集できません。

  1. キャンバス上の線をクリックして選択します。
  2. 以下のいずれかを実行して、線を編集します。
    • クリックしてドラッグし、ペンの線を移動します。
    • ツールのプロパティを調整します。
    • Delete キーを押すと、線が削除されます。

ツールのプロパティ

プロパティを編集して、ツールをカスタマイズします。

ヒント: カスタマイズした内容をクイック スタイルとして保存し、後で使用することができます。「お気に入りのスタイルとツールにすばやくアクセスする」を参照してください。

Windows でのペンのプロパティMac でのペンのプロパティ


ドロップダウンをクリックして、以下のいずれかを選択して色を設定します。

  • クリックしてプリセットを選択するか、パレットの色を選択します。
    色の選択
  • フィールドに HEX 値または RGB 値を入力します。
    HEX フィールド
  • スポイト ボタンをクリックして、画面上の任意の場所から色を選択します。
    スポイト

図形 (Windows のみ)
ドロップダウンをクリックして、図形のスタイルを選択します。
ペン形状のオプションさまざまなペン形状で描かれた線の例

メモ: Snagit Mac では、ペンの描画で円形のみサポートされます。SNAGX ファイルを Snagit Mac で開くと、他の図形で描いた線が円形で描いたように表示されます。「Snagit のファイル形式の互換性」を参照してください。
Windows と Mac のペン形状の比較

シャドウ
クリックしてシャドウの方向を選択します。シャドウをオフにするには、クリックしてシャドウの方向の選択を解除します。
シャドウ コントロール

シャドウの詳細なプロパティ
ドロップダウン矢印をクリックすると、その他のシャドウのプロパティにアクセスできます。
シャドウの詳細なプロパティ

  • 色: シャドウの色を選択します。
  • 角度 (Windows のみ): ツールから伸びるシャドウの方向を設定します。
  • 距離: ツールとシャドウの間の距離を伸ばしたり縮めたりします。
  • 不透明度: シャドウの透明度を上げたり下げたりします。
  • ぼかし: シャドウの明瞭さを上げたり下げたりします。


スライダーをドラッグするか、ピクセル値を入力して、矢印/アウトライン/線の幅を調整します。
幅スライダー

不透明度
スライダーをドラッグして、透明度を調整します。
[不透明度] スライダー

ベクトルとして作成 (Windows) / 編集可能な線を作成 (Mac)
編集可能な線を引く場合は、このオプションを選択します。
[ベクトルとして作成] オプション[編集可能な線を作成] オプション

アンチエイリアスなしの例アンチエイリアスありの例

アンチエイリアス (Windows)
ピクセルのエッジを背景になじませるには、このオプションを選択します。

スムージングなしの例スムージングありの例

スムーズ (Windows)
このオプションを選択すると、鋭角を曲線に変換できます。

メモ: このオプションは、ペンの形状が円の場合にのみ有効です。

[スムーズ カーブ] オプションなしの例[スムーズ カーブ] オプションありの例

スムーズ カーブ (Mac)
このオプションを選択すると、ピクセルのエッジを背景になじませ、鋭角を曲線に変換することができます。