tutorial

メモ: 効果は画像にのみ使用できます。ビデオに注釈や効果を付けてビデオの効果を高めるには、TechSmith Camtasia に共有します。

画像の効果を追加する

キャプチャ後の画像や選択範囲に効果を適用するには、次の操作を行います。

  1. [効果] ボタンをクリックします。
    [効果] ボタン
  2. [効果] パネルが開きます。以下のいずれかを実行して、効果を適用します。
    • [クイック効果] からスタイルを選択します。
      クイック効果
    • Windows の場合: クリックして効果を選択します。ドロップダウンで設定をカスタマイズして、[適用] をクリックします。
      Windows の [効果] ドロップダウン
    • Mac の場合: クリックして効果を適用します。Mac の [効果の設定] アイコン ボタンをクリックして、設定をカスタマイズします。
      Mac の [効果] ドロップダウン

メモ: 画像を SNAGX ファイルとして保存する場合、Snagit Mac で適用された効果は、現時点では Snagit Windows でサポートされません。Snagit Windows で SNAGX ファイルを開くと、その効果は表示されず、保存すると失われます。Snagit Windows と共有する際に効果を維持するには、.png、.jpg などの画像ファイル形式で保存してください。

画像から効果を削除する

  • Windows: 最後に適用した効果を削除するには、[編集] > [元に戻す] を選択します。複数の効果を削除する必要がある場合は、[元に戻す] を複数回選択します。
  • Mac: [効果] パネルで、青色の効果をクリックして効果をオフにします。
    Mac で選択した効果
    すべての効果をオフにするには、[効果なし] クイック効果をクリックします。
    Mac での [効果なし] のクイック スタイル

Snagit の効果の種類

ヒント: カスタマイズした効果をクイック効果として保存します。

Windows: 設定を編集したら、[設定] ドロップダウンの [クイック効果に追加] ボタンをクリックします。
Mac: 設定を編集すると、クイック効果の下に新しい効果が表示されます。[クイック スタイルを追加] アイコン アイコンをクリックして、将来使用するために効果を保存します。

境界線
境界線の例

画像の外側に境界線を追加します。

  • 境界線の色を変更するには、[] ドロップダウンをクリックして、次のいずれかを実行します。
    • プリセットの色をクリックして選択するか、カラー パレットから選択します。
      色の選択
    • スポイト ツールをクリックして、画面上の任意の場所から色を選択します。
      スポイト
    • フィールドに HEX 値または RGB 値を入力します。
  • 幅を調整するにはスライダーをドラッグします。
  • [適用] ボタンをクリックして、画像に効果を適用します (Windows のみ)。

エッジ
エッジの例

画像の 1 つ以上の縁にエッジ効果を追加します。

  • 別の効果のスタイルに変更するには、ドロップダウンからスタイルを選択します。
    Windows でのエッジ スタイルMac でのエッジ スタイル
  • 効果のサイズを変更するには、[サイズ] スライダーをドラッグします。
  • 効果が表示される場所を指定するには、傾斜の 1 つまたは複数のエッジをクリックします。
  • [シャドウ] ドロップダウンを展開して、効果のシャドウの色と場所を選択します (Windows のみ)。
  • [適用] ボタンをクリックして、画像に効果を適用します (Windows のみ)。

キャプチャ情報
キャプチャ情報の例

アプリケーション名、キャプチャ日時、オペレーティング システムなどの情報をスクリーンショットに自動で追加します。
キャプチャ情報のプロパティ

メモ: キャプチャ情報は、Snagit で撮影した画像にのみ追加できます。

  • キャプションに含めるキャプチャ情報のプロパティを選択します。
    • アプリケーション名
    • アプリケーションのバージョン
    • 日付と時刻
    • オペレーティング システム
  • [カスタム テキスト] を選択して、下のテキスト フィールドにテキストを入力します。
  • キャプチャ情報の背景色を変更するには、[] ドロップダウンをクリックして、次のいずれかを実行します。
    • プリセットの色をクリックして選択するか、カラー パレットから選択します。
      色の選択
    • スポイト ツールをクリックして、画面上の任意の場所から色を選択します。
      スポイト
    • フィールドに HEX 値または RGB 値を入力します。
  • フォントのプロパティ:
    • フォント: ドロップダウンをクリックして、フォントを選択します。
    • フォントの色: ドロップダウンをクリックして、色を選択します。
    • フォント サイズ: スライダーをドラッグするか、値を入力して、フォント サイズを調整します。
  • [適用] ボタンをクリックして、画像に効果を適用します (Windows のみ)。

ページ カール (Windows)
ページ カールの例

画像の角をめくり上げる効果を追加します。[適用] ボタンをクリックして、画像に効果を適用します。
ページ カールのプロパティ

シャドウ
シャドウの例

画像の縁や全体の周囲にシャドウ効果を追加します。
Windows でのシャドウのプロパティMac でのシャドウのプロパティ

  • シャドウの色を変更するには、[] ドロップダウンをクリックして、次のいずれかを実行します。
    • プリセットの色をクリックして選択するか、カラー パレットから選択します。
      色の選択
    • スポイト ツールをクリックして、画面上の任意の場所から色を選択します。
      スポイト
    • フィールドに HEX 値または RGB 値を入力します。
  • グリッド内のセルをクリックして、シャドウの位置を選択します。
  • [サイズ] スライダーをドラッグして、シャドウのサイズを調整します。
  • [不透明度] スライダーをドラッグして、シャドウの透明度を調整します (Mac のみ)。
  • [オフセット] スライダーをドラッグして、画像とシャドウの距離を調整します (Mac のみ)。
  • [ぼかし] スライダーをドラッグして、シャドウの鮮明さを調整します (Mac のみ)。
  • [適用] ボタンをクリックして、画像に効果を適用します (Windows のみ)。

遠近法
遠近法の例

画像を歪めて、別の角度から見ているような外観にします。

  • ドロップダウンからスタイルを選択します。
  • [水平/回転] または [垂直/傾き] スライダーをドラッグして効果を調整します。

反射 (Mac)
反射の例

画像に鏡のような反射を追加します。

  • [サイズ] スライダーをドラッグして、反射する画像の割合を調整します。
  • [不透明度] スライダーをドラッグして、反射の透明度を調整します。

フィルター (Windows)

画像全体にフィルターの効果を適用します。ドロップダウンでフィルターの種類を選択します。

  • ソフト – 画像の細部をぼかします。
  • シャープ – 画像のコントラストを調整して、ぼやけ具合を改善します。
  • 不透明度 – 画像の透明度を調整します。
  • モノクロ – 画像にモノクロ フィルターを適用します。
  • グレースケール – 画像の色をグレーの濃淡に変換します。
  • 色の反転 – 画像の色を反転させてネガの効果を作成します。

カラー フィルタ (Mac)

画像全体にフィルターの効果を適用します。この効果で画像の色を次のように変更します。

  • グレースケール – 画像の色をグレーの濃淡に変換します。
  • セピア トーン – 画像の色を単色の濃淡に変換して、モノクロ効果を作成します。
  • 反転 – 画像の色を反転させてネガの効果を作成します。
  • シャープ – 画像のコントラストを調整して、ぼやけ具合を改善します。
  • 不透明度 – 画像の透明度を調整します。

色の調整 (Windows)

画像の色や階調 (明るさ、暗さ、コントラスト) を向上させたり、補正したりすることができます。この効果の次のプロパティを変更します。

  • 明るさ – 画像の全体的な明るさを調整します。
  • コントラスト – 画像の要素間の色や明るさの違いを調整します。
  • 色合い – 赤、緑、青など、画像で多く使用されている可視色を調整します。
  • 彩度 – 画像の可視色の強度を調整します。
  • ガンマ – 画像の全体的な暗さを調整します。

色の置き換え (Windows)

画像の 2 つの色を入れ替えたり、ある色を別の色に置き換えたりできます。この効果を適用する前に、[置き換える色を追加する] をクリックして置き換える色を選択します。
色の置き換えのプロパティ

スポットライトと拡大 (Windows)

画像の範囲を強調したり拡大したりすることで、その範囲に注意を集めます。

  1. 選択ツールで画像の範囲をドラッグします。
  2. [画像] > [効果] > [スポットライトと拡大] を選択します。
  3. 目的の効果のプロパティを調整します。
  4. [適用] ボタンをクリックして、画像に効果を適用します。

Mac については、「スポットライト ツール」を参照してください。

透かし (Windows)
透かしの例

画像にテキスト、ロゴ、著作権情報などを追加して、識別情報を付けたり不正使用を防止したりすることができます。
透かしのプロパティ

この効果の次のプロパティを変更します。

  • インポート ボタン 参照ボタン をクリックして、画像ファイルをインポートします。
  • [位置] ボックスの範囲をクリックして、画像の透かしの位置を設定します。
  • [倍率] スライダーをドラッグして、透かしのサイズを調整します。
  • [アンダーレイ] を選択すると、透かしが画像の背景にエンボス効果として表示されます。
    透かしのアンダーレイの例
  • [オーバーレイ] を選択すると、画像の上に透かしが表示されます。
    透かしのオーバーレイの例
  • [適用] ボタンをクリックして、画像に効果を適用します。

フェード (Mac)
フェードの例

画像のエッジに段階的な調光を適用します。