ビデオにインタラクティブ機能/ホットスポットを追加する

Camtasia のインタラクティブ機能/ホットスポットを使用して、Web ページへのリンク、ビデオの自動一時停止、もう一度再生や別のセクションへのジャンプなどの機能を付ける方法を説明します。

tutorial

インタラクティブ機能/ホットスポット

Camtasia のホットスポット機能は、ビデオ、画像、注釈などのビジュアル オブジェクトに適用する効果です。この効果を付けると、オブジェクトがクリック可能になり、それぞれに関連付けられた操作を実行できます。

[インタラクティブ機能/ホットスポット] ビジュアル効果

メディアにホットスポットを追加する

ツール パネルで [インタラクティブ機能/ホットスポット] 効果をクリックし、タイムラインやキャンバス上のオブジェクトにドラッグします。

ホットスポットをカスタマイズする

デフォルト設定では、ホットスポットの終わりでビデオが一時停止し、続行するにはユーザーがクリックする必要があります。この動作やホットスポットに関連するその他の設定をカスタマイズするには、以下のオプションを選択します。

URL: [URL] を選択すると、視聴者がホットスポットをクリックしたときに、このボックスに入力したリンクが開きます。

マーカー: [マーカー] を選択すると、ビデオ内の特定のマーカー位置にジャンプします。ビデオにマーカーがない場合、このオプションは無効になります。

時間: [時間] を選択すると、ビデオ内の特定のタイミングにジャンプします。

最後に、ホットスポットをテストするため、[テスト] ボタンをクリックします。

[インタラクティブ機能/ホットスポット] プロパティ パネル

ホットスポットのあるビデオを制作する

ホットスポットのあるビデオは、TechSmith Smart Player で再生する必要があります。Smart Player を使用するビデオの制作方法は 2 つあります。

1 つ目は、Screencast.com や TechSmith Relay などの TechSmith ホスティング ソリューションにビデオをアップロードすることです。どちらのサービスも Smart Player を使用しており、使いやすい埋め込みコードと共有用のクイック リンクが提供されます。

2 つ目の方法は、ビデオと Smart Player を自分の Web サイトでホストすることです。Smart Player 付きでビデオを制作した後、ビデオと関連ファイルを Web サイトにアップロードすると、オンラインでホットスポットのあるビデオを再生できます。

Camtasia 制作ウィザードと [MP4 と Smart Player] オプション