ビデオの効果を高める (概要)

効果、アニメーション、動作、画面切り替え、注釈などの拡張機能を適用して、ビデオをより洗練されたプロフェッショナルなものにすることができます。

tutorial

このチュートリアルの内容:

ビデオの拡張機能の種類

種類説明
アニメーションビデオにアニメーションを追加すると、次のように視聴者の関心を引き付けることができます。
  • 解説者のビデオを挿入して、ビデオをスムーズに切り替えたり、画面録画の位置を移動したりする。
  • 画像をビデオの左から挿入し、一時停止してからキャンバスの右外に移動して消去する。
  • キャンバス上でさまざまな吹き出しアニメーションを表示し、ビデオのある部分に注目を集める。
  • ビデオの重要な部分でズーム イン/ズーム アウトして、主要なアクションに注目を集めたり、ビデオ内の見づらい部分を強調したりする。
画像、ビデオ クリップ、および注釈にアニメーションを追加できます。注釈の編集についての詳細は、「拡張機能を編集する」を参照してください。
注釈とテキストビデオ内の重要なオブジェクトやプロセスに視聴者の注目を集めるために、ビデオに重ねるグラフィックスやテキストです。注釈の編集についての詳細は、「拡張機能を編集する」を参照してください。
動作動作はあらかじめ設定されたアニメーションで、テキストやメディアの上にドラッグ & ドロップで適用し、生き生きとした動きを付けて視聴者の関心を引き付けるためのものです。タイムライン上の任意のビジュアル オブジェクトに動作を適用できます。

以下のような効果を付けることができます。
  • テキストがブルブル震えているように表示して、クリックするリンクを視聴者に示す。
  • 画像やロゴが画面に登場し、軸を中心にして前後に回転しているように表示する。
  • キャンバス上でさまざまな吹き出しアニメーションを表示し、ビデオのある部分に注目を集める。
動作を使ってテキストや画像をアニメーションにする」および「注釈、吹き出し、タイトルを追加する」を参照してください。
カーソル効果Camtasia Recorder はカーソル データを収集して、TREC 録画ファイルに格納します。カーソル効果を追加して、録画したカーソルを強調したり編集したりできます。
画面切り替え画面切り替えを使用して、2 つのクリップの間に視覚効果を追加します。画面切り替えは、時間や場所の推移を表したり、クリップ間の切り替えをスムーズにしたりするために使用します。
ビジュアル効果ビジュアル効果を使用して、ビデオの表示や品質を向上できます。クリップ全体に効果を適用したり、クリップの一部の表示時間を調整したりできます。
ジェスチャー効果 (Mac のみ)ジェスチャー効果は、モバイル デバイスのタップ、スワイプ、ピンチをシミュレートするビジュアル効果を追加します。「iOS デバイスでの録画」を参照してください。

拡張機能を追加する

拡張機能を追加する手順
  1. [注釈] タブや [動作] タブなど、拡張機能のタブをクリックします。
  2. サブタブまたはドロップダウンから拡張機能を選択します。
  3. 拡張機能をタイムラインにドラッグします。Camtasia は、いくつかの拡張機能について、選択項目を適用できる位置をハイライト表示します。
  4. プロパティを編集するには、「プロパティ パネルの詳細」を参照してください。

ヒント: カスタムの拡張機能を保存しておくと、編集時間を短くすることができます。

カスタムの拡張機能をプリセットやお気に入りとして保存することで、ワークフローを効率化できます。「Camtasia のカスタマイズ」を参照してください。

拡張機能を編集する

種類詳細
アニメーション編集するアニメーション矢印をクリックして選択します。選択したアニメーション矢印が黄色に変わります。
  • 表示時間の変更: アニメーションの端を左右どちらかにドラッグします。
    アニメーション矢印の端をドラッグして表示時間を調整する
  • 移動: アニメーションの矢印をタイムライン上のメディアの別の位置へドラッグします。
    タイムライン上でアニメーション矢印をドラッグする
  • 復元: 前のアニメーションを元の状態に戻すには、復元アニメーションをクリップ上でそのアニメーションの後にドラッグします。
    復元アニメーションをタイムラインにドラッグする
  • 削除: Delete キーを押します。
編集についての詳細は、「アニメーションの使用方法」および「ズーム インして注目を集める」を参照してください。
注釈とテキスト編集する注釈をクリックして選択します。
  • テキストの編集: キャンバス上の注釈をダブルクリックして、目的のテキストを入力します。
  • 移動: キャンバス上の注釈をクリックし、新しい位置へドラッグします。
  • サイズ変更: クリックして、ハンドルを任意の方向へドラッグします。
  • 回転: 中央ハンドルをクリックしてドラッグします。
  • 削除: Delete キーを押します。
編集についての詳細は、「注釈、吹き出し、タイトルを追加する」を参照してください。
動作メディア上の [効果] トレイをクリックし、動作をクリックして選択します。選択した動作が黄色に変わります。
効果のトレイから動作を選択する
プロパティ パネルで以下の操作を行います。
  • オン/オフを切り替える: トグルをクリックして、動作のオン/オフを切り替えます。
    動作のトグル
  • 削除: [X] アイコンをクリックして、動作を削除します。
    動作の削除アイコン
  • [イン] タブ: 動作がキャンバスにどのように現れるかをカスタマイズします。
  • [表示中] タブ: 動作がキャンバス上でどのように動くかをカスタマイズします。
  • [アウト] タブ: 動作がキャンバスからどのように消えるかをカスタマイズします。
編集の詳細については、「動作を使ってテキストや画像をアニメーションにする」および「注釈、吹き出し、タイトルを追加する」を参照してください。
カーソル効果、ジェスチャー効果、ビジュアル効果メディア上の [効果] トレイをクリックし、効果をクリックして選択します。効果が黄色に変わります。
効果のトレイを開く 効果を選択する
  • 表示時間の変更: 効果のハンドルをドラッグして、クリップ内での効果の開始と終了のタイミングを調整します。
    効果のハンドルをドラッグして表示時間を変更する
  • 削除: Delete キーを押して、動作や効果を削除します。
  • プロパティの編集: プロパティ パネルで設定を調整します。
  • オン/オフを切り替える: プロパティ パネルでトグルをクリックします。
編集の詳細については、「効果を適用してカーソルを編集する」、「iOS デバイスでの録画 (Mac)」、および「ビジュアル効果の詳細」を参照してください。
画面切り替えタイムライン上の画面切り替えをクリックして選択します。画面切り替えが黄色に変わります。
  • 表示時間の変更: タイムライン上で画面切り替えのハンドルをドラッグして、画面切り替えの開始と終了のタイミングを調整します。
    画面切り替えのハンドルをドラッグして表示時間を調整
  • プロパティの編集: プロパティ パネルで設定を調整します。
  • オン/オフを切り替える: プロパティ パネルでトグルをクリックします。
  • 削除: Delete キーを押します。

ヒント: プロキシ ビデオを使用して編集のパフォーマンスを高めることができます。

特に高解像度のビデオを再生したりスクラブしたりするときに遅延が発生する場合は、プロキシ ビデオを作成するとパフォーマンスを改善できます。「メディアのインポートと管理 (メディア ビン)」を参照してください。