アニメーションの使用方法

ビデオに視覚的な面白さを加えるアニメーションの作成と編集方法を学びます。

tutorial

このチュートリアルの内容:

ビデオにアニメーションを追加すると、次のように視聴者の関心を引き付けることができます。

  • 解説者のビデオを挿入して、ビデオをスムーズに切り替えたり、画面録画の位置を移動したりする。
  • 画像をビデオの左から挿入し、一時停止してからキャンバスの右外に移動して消去する。
  • キャンバス上でさまざまな吹き出しアニメーションを表示し、ビデオのある部分に注目を集める。
  • ビデオの重要な部分でズーム イン/ズーム アウトして、主要なアクションに注目を集めたり、ビデオ内の見づらい部分を強調したりする。

アニメーションを追加する

  1. [アニメーション] タブをクリックします。
  2. [アニメーション] サブタブをクリックします (Windows のみ)。
  3. アニメーションをタイムライン上のメディアにドラッグします。
    アニメーションをメディア上にドラッグする

Camtasia は、アニメーションをメディアの上に矢印で表示します。
メディア上のアニメーション矢印

アニメーションを編集する

アニメーションとは、あるビジュアル プロパティから別のプロパティへの変更に基づいて、ビデオ内のメディアを移動することです。このプロパティには、画面上の位置、回転、倍率、不透明度などがあります。

タイムライン上のアニメーション矢印の末尾と先頭は、アニメーションの開始位置と終了位置を示しています。各ポイントのビジュアル プロパティを調整し、アニメーションの開始時と終了時のメディアの表示方法を設定します。
タイムライン上のアニメーションの開始点と終了点

メモ: ズーム アニメーションの詳細については、「ズーム インして注目を集める」を参照してください。

  1. 再生ヘッドをアニメーション矢印の左側に配置します。
  2. [プロパティ] ボタンをクリックします。
    [プロパティ] ボタン
  3. アニメーション開始時のビジュアル プロパティを調整します。「アニメーションのプロパティ」を参照してください。
  4. 再生ヘッドをアニメーション矢印の右側に移動します。
  5. アニメーション終了時のビジュアル プロパティを調整します。
  6. 矢印の末尾をドラッグして、アニメーションを開始したい位置に移動します。
  7. 矢印の先頭をドラッグして、アニメーションを終了したい位置に移動します。

ヒント: すべてのアニメーションの編集モードを使用して、アニメーションの編集を効率化することができます。

すべてのアニメーションの編集モードでは、1 つのアニメーションに加えた編集が、選択したメディア内の全アニメーションに適用されます。プロパティ パネル上部の [すべてのアニメーションの編集] アイコン [すべてのアニメーションの編集] ボタン をクリックすると、このモードのオン/オフが切り替わります。

アニメーションのプロパティ

[ビジュアル プロパティ] タブ
プロパティ説明
倍率スライダーをドラッグするか、値を入力して元のメディアに対するパーセント値でサイズを調整します。
不透明度スライダーをドラッグするか、パーセント値を入力して、メディアの透明度を調整します。
回転Z 軸、Y 軸、X 軸のいずれかを中心にメディアを回転するには、以下のいずれかの操作を行います。
  • スピナーをクリックしてドラッグする
  • スピナー上の位置をクリックする
  • 角度の値を入力する
ヒント: アニメーション中にメディアを回転するには、アニメーション矢印の終了位置で [回転] を [360°] (時計回り) または [-360°] (反時計回り) に設定します。
位置X、Y、Z の座標値を入力するか、増減ボタンをクリックして、キャンバスの中心を基準にしてメディアを配置します。
サイズピクセル値を入力するか、増減ボタンをクリックして、メディアのサイズを調整します。縦横比の固定を有効または無効にするには、鍵のアイコン 鍵のアイコン をクリックします。

イージング

イージングを使用すると、アニメーション中のメディアの動きをより自然なものにすることができます。イージングを変更するには:

  1. アニメーション矢印を右クリック (Windows) または Command キーを押したままクリック (Mac) し、[イージングを有効にする] (Windows) または [アニメーションのイージング] (Mac) を選択します。
  2. 以下のイージング オプションを選択します。
    • 指数 イン / アウト
    • リニア (Windows) / なし (Mac)
    • バウンド
    • スプリング
    • 自動 (デフォルトの指数のイージング)
 

自動アニメーション モード (Mac のみ)

自動アニメーション モードを有効にすると、キャンバス上のメディアを移動、回転、拡大縮小したり、メディアのビジュアル プロパティを調整したりする際に、タイムラインにアニメーションが自動で追加されます。

Mac の自動アニメーション ボタン