キャンバスを使用する

キャンバス上のメディアを操作し、プロパティパネルでそれらのプロパティを調整する方法を学びます。

tutorial

ビデオをデザインする

キャンバスは、ビデオをデザインするところです。ここでメディアの配置、サイズ変更、回転などを行います。吹き出しの表示の調整や、テキストの変更もここで行います。

キャンバス

プロジェクトを作成する際は、キャンバスに表示されているものがすべて最終ビデオに制作されます。

録画や他のメディアの一部がキャンバスからはみ出した場合、その部分はグレー表示され、最終ビデオには表示されなくなります。

メディアを追加する

プロジェクトを作成する際は、メディアをクリックして直接ドラッグし、キャンバスに追加します。テキストを変更するには、注釈をダブルクリックして、キーボードから入力します。

プロパティパネル

スタイルを調整したり、キャンバス上のメディアを微調整したりするには、プロパティパネルを使用します。このパネルには、選択したメディアのプロパティが表示され、タブにまとめられています。最初のタブはオブジェクトのビジュアルプロパティで、以降のタブは選択したメディアの種類によって変わります。

この例では注釈が選択されているため、2 番目のタブには注釈のテキストプロパティが表示され、3 番目のタブには注釈のスタイルに関するオプションが表示されます。

properties panel