ビデオ編集の基本

キャンバスとタイムラインを使用して、ビデオに基本的な編集を加える方法を学びます。

tutorial

タイムライン

Camtasia では、ビデオはタイムライン上で作成され、時系列は左から右へ進みます。タイムラインでは、画面録画、オーディオクリップ、タイトルなどを配置して編集します。

タイムラインはトラックと呼ばれるレイヤーに分かれており、上のレイヤーのメディアが下のメディアに重なって表示されます。

Camtasia timeline with multiple tracks

キャンバス

プロジェクトを作成する際は、キャンバスで作品をプレビューします。タイムラインに沿って再生ヘッドを移動すると、ヘッドの位置にあるすべてのものがキャンバスに表示されます。

キャンバスは作業する場所でもあり、コンテンツの配置、サイズ変更、回転などをここで行います。キャンバスに表示されているものはすべて最終ビデオに制作されます。

ミスのある部分を削除する

録画ミスや不要な部分を削除するには、再生ヘッドのハンドルをドラッグして削除する範囲を選択し、 [ 切り取り ]  ボタンをクリックします。選択範囲が削除され、すべてのメディアが左に移動してスペースが埋まります。

ミスのある部分を新しい録画に置き換えるには、範囲を選択してから、 Delete  キーを押します。選択したメディアが削除され、新しい録画を挿入できるスペースがタイムライン上に残ります。

タイムライン上にスペースを作成する

メディアをタイムラインに追加したくても、スペースがない場合があります。タイムライン上にスペースを作成するには、再生ヘッドを移動してクリップを選択してから、Windows の場合はS キーを、Mac の場合はCommand+T キーを押します。クリップが2 つに分割されるので、移動してスペースを作ることができます。

メディアをトリミングする

録画の余分な部分を削除したり、メディアを微調整したりするには、クリップの端をクリックして内側にドラッグします。これはトリミングと呼ばれます。トリミングしすぎたときは、クリップをドラッグし直すだけで、元に戻ります。

タイムラインをズームする

編集内容を微調整するには、タイムラインのスライダーでズームします。ズームしすぎた場合や、プロジェクト全体を確認したい場合は、虫眼鏡アイコンをクリックすると、タイムラインにプロジェクト全体が表示されます。