Camtasia 2022 の新機能

洗練されたビデオを簡単に制作できるようにする Camtasia 2022 の新機能と機能改善について学びます。

tutorial

Camtasia ライブラリの拡充

Camtasia 2022 には、1,000 以上のアセットを含む新しいライブラリが搭載されています。アップデートされたライブラリには、あらゆるビデオのビジュアル品質を向上させることのできる新しいカテゴリのアセットや要素が数多く用意されています。

  • アニメーション
  • オーディオ トラック
  • タイム カウンター
  • 吹き出しラベル/インジケーター
  • 他にもたくさんあります!

メディアを別のプロジェクトで再利用する (アセット ライブラリ)」を参照してください。

[ライブラリ] タブのライブラリ アセットのリスト

Camtasia ホーム

新しいホーム画面では、新規プロジェクト、テンプレート、学習リソースなどにアクセスできます。Camtasia は起動時にこのウィンドウを表示します。
起動時のホーム画面の例

カーソルの自動置換

Camtasia は、録画 (TREC) ファイルのカーソルを同等のベクター カーソルに自動で置き換えます。これにより、クロス プラットフォーム (Windows と Mac) で共有する場合でも、ぼやけや画質の低下がなく、カーソルの拡大縮小が可能になります。
ベクター カーソルへの置換の例

カーソル パスの編集

Camtasia 録画 (TREC) のカーソル パスを編集、削除、追加したり、画像やビデオ、グループ化されたメディアなどに新しいカーソル パスを追加したりして、次のような洗練されたビデオを作成できます。

  • ソフトウェアや製品のデモ
  • 操作説明ビデオやハウツー ビデオ
  • ビジネス プレゼンテーションや録画スライドショー

カーソルを使ってボタンやリンクを強調したり、画面上のカーソルの動きに音声ナレーションを合わせたり、録画中に間違えたカーソルの動きを修正したり、さまざまなことが可能です。

カーソル パスの編集」を参照してください。

Camtasia と Audiate の同期

録音した音声を TechSmith Audiate (無料トライアルまたはサブスクリプションが必要) にエクスポートして、すばやくパワフルなオーディオ編集を実行できます。

  • 効果の自動適用による音質改善
  • テキストベースの編集で言いよどみやミスを排除

その後、編集したオーディオを Camtasia にエクスポートすると、Camtasia プロジェクトに自動的に統合されます。
Camtasia と Audiate の同期ロゴ

オーディオの編集」を参照してください。

新しいビデオ テンプレート

Camtasia には、プロフェッショナルでスタイリッシュなビデオをすばやく制作するための新しいテンプレート コレクションが搭載されています。

テンプレートの使用方法」を参照してください。

新しいビジュアル効果

ブレンド モード

2 つのメディアのビジュアルをブレンドして、画面上のコンテンツの表示をカスタマイズしたり、ビデオ映像、画像、資料映像などを使って映画のような効果を実現したりできます。

[ビジュアル効果] タブの [ブレンド モード] 効果

スポットライト (Windows 版の新機能)

ビデオに光を当てて、視聴者の注目を集めましょう。このビジュアル効果をメディアにドラッグ & ドロップして、好みの表示になるようにプロパティを調整します。

[ビジュアル効果] タブの [スポットライト] 効果

輪郭線 (Windows 版の新機能)

メディアを瞬時に変換して、画面上のコンテンツを単純化したスケッチにすることができます。

[ビジュアル効果] タブの [輪郭線] 効果

ビジュアル効果の概要」を参照してください。

簡素化された Windows のエクスポート処理

Camtasia 2022 では、Windows でのエクスポート プロセスが合理化され、最もよく使用される設定がデフォルトで表示されるようになりました。従来どおり、すべてのエクスポート オプションが使用可能です。
簡素化されたエクスポート ダイアログの例

ビデオをエクスポートして共有する」を参照してください。