オーディオ効果を追加する

オーディオ効果を適用して、異なるトラックの音量を調整したり、周囲の雑音を除去したり、話し手の声のピッチを変更したりする方法を学びます。

tutorial

このチュートリアルの内容:

オーディオ効果の例: BGM の音量を下げる

効果を追加して編集する

  1. [オーディオ効果] タブをクリックします。
    [オーディオ効果] タブ
  2. タイムライン上のオーディオ クリップの上に効果をドラッグします。
    • 適用した効果を表示するには、メディア上の [効果を表示します] トレイ アイコンをクリックします。
      [効果を表示します] トレイ アイコン
    • 適用した効果を非表示にするには、メディア上の [効果を非表示にします] トレイ アイコンをクリックします。
      [効果を非表示にします] トレイ アイコン
  3. 効果の時間を調整するには、タイムライン上で効果の左右の端をドラッグします。
    効果のハンドルをドラッグて表示時間を調整
  4. 効果をカスタマイズするには、[プロパティ] をクリックします。
    [プロパティ] ボタン

メモ: 一部の効果にはプロパティの代わりにオーディオ ポイントがあります。トラック上のオーディオ ポイントをクリックして、ドラッグすることで調整できます。「オーディオの編集」を参照してください。

効果の種類

効果プロパティのカスタマイズ
オーディオの圧縮
音量レベルを均等にすることができます。
  1. [プロパティ] をクリックします。
  2. [音量変動] ドロップダウン メニューからレベルを選択するか、[比率]、[しきい値]、[ゲイン] を手動で調整して、目的の効果を得ることができます。
クリップの速度
オーディオやビデオ クリップの速度を変更してより速く、またはより遅く再生します。
次のいずれかを完了します。
  • メディアの [効果を表示します] トレイ アイコンをクリックし、タイムライン上で効果のハンドルをドラッグします。
    効果のハンドルをドラッグしてクリップの速度を調整
  • [プロパティ] をクリックし、[速度] または [表示時間] に目的の効果を得るための値を入力します。
    • ビデオの速度を速くすると、再生が速くなります。
    • ビデオの速度を遅くすると、再生が遅くなります。
強調
他のすべてのオーディオ トラックの音量を下げることで、適用されたメディアのオーディオを強調します。

たとえば、ボイス オーバーの音声に効果を適用して、ボイス オーバー クリップの間は BGM の音量を下げます。
  1. [プロパティ] をクリックします。
  2. [強調] スライダーをドラッグして、タイムライン上の他のすべてのオーディオ トラックの音量を変更します。[100%] に設定すると、適用されたクリップの間は他のトラックのオーディオがミュートされます。
  3. タイムライン上で音量の変化を開始する位置と終了する位置を設定するには、[ランプ位置] を選択します。
    • 外側: 適用したメディアの前と後のオーディオを変更します。
      メディア再生前後のオーディオが変更されます。
    • 範囲: 適用したメディアの開始位置から終了位置までの間でオーディオを変更します。
      メディアの開始と終了の間のオーディオが変更されます。
    • 内側: 適用したメディアの開始位置でオーディオの変更を開始し、終了位置の前で終了します。
      対象メディアの再生中のオーディオが変更されます。
  4. [ランプ イン] と [ランプ アウト] に時間を秒単位で入力し、音量の変化にかかる時間を設定します。
フェード イン / フェード アウト
オーディオをスムーズに開始したり終了したりできます。
オーディオ クリップの始まりと終わりには自動的に適用されます。オーディオ ポイントをクリックしたままドラッグして調整します。
ピッチ (Mac のみ)
波形の周波数を変更して、声の音を変更します。
  1. [プロパティ] をクリックします。
  2. 目的の効果を得るために、[ピッチ]、[イーズ イン]、または [イーズ アウト] を手動で調整します。
ノイズ除去
周囲の雑音の除去に役立ちます。
  1. [プロパティ] をクリックします。
  2. [分析] をクリックしてノイズ除去プロセスを自動で実行するか (Windows のみ)、目的の効果を得るために、手動で [感度]、[除去] (Mac)、または [] (Windows) を調整します。