選択ツール

画像の一部を選択して、切り取り、コピー、移動、または削除します。削除された部分を自動的に周囲の色や透明に置き換えることができます。

tutorial

このチュートリアルの内容:

メモ: ツールは画像キャプチャにのみ使用できます。ビデオに注釈や効果を付けてビデオの効果を高めるには、TechSmith Camtasia に共有します。

範囲を選択する

  1. Snagit Editor ツールバーの選択ツールをクリックします。
    選択ツール
    メモ: ツールバーにツールが表示されていない場合は、[その他] ドロップダウンをクリックします。ツールバーをカスタマイズするには、「Snagit ツールバーをカスタマイズする」を参照してください。
  2. ツールのプロパティで、選択範囲の形状 (四角形、楕円、多角形、フリーハンド) を選択します。
  3. 選択範囲が移動または削除されたときに範囲を塗りつぶすための [背景の塗りつぶし] オプションを選択します。
    • 透過: 範囲を透明にして、下にあるキャンバスを表示します。
    • 自動塗りつぶし: 選択範囲の周囲のコンテンツに基づいて自動的に塗りつぶされます。
  4. クリックしてドラッグし、キャンバス上に選択範囲を描画します。

選択範囲を編集する

オブジェクトや範囲を選択した後、次のいずれかを実行します。

  • 移動: クリックしてドラッグし、キャンバス上に選択範囲を描きます。
  • 削除: Delete キーを押します。
  • コピー: Ctrl+C キー (Windows) または Command+C キー (Mac) を押してから、Ctrl+V キー (Windows) または Command+V キー (Mac) を押して、コピーした範囲を貼り付けます。
  • テキストの編集: 右クリックして [テキストの編集] を選択します。詳細については、「画像内のテキストのコピーと編集」を参照してください。
  • テキストのコピー: 右クリックして [テキストの取り込み] を選択すると、テキストをコピーして他のアプリケーションに貼り付けることができます。
  • 効果の追加: [効果] ボタンをクリックして、クイック効果を選択するか、カスタマイズした効果を選択範囲に適用します。詳細については、「効果を追加する」を参照してください。

図形やアイコンを選択する、移動する

[オブジェクトにスナップ] を使用すると、選択範囲内の図形やアイコンの最も近いエッジに選択範囲をスナップすることができます。

  1. 画像内の図形やアイコンを囲む選択範囲を描きます。
  2. [オブジェクトにスナップ] をクリックすると、選択した要素のエッジに選択範囲が固定されます。
  3. 画像内の任意の場所へアイコンを移動します。自動塗りつぶしがオンになっている場合、オブジェクトが移動したスペースが周囲の領域に合わせて自動で塗りつぶされます。

ヒント: 図形選択ツールが特定のオブジェクトに適していない場合は、フリーハンド ツールが便利です。

ツールのプロパティ

プロパティを編集して、ツールをカスタマイズします。

Windows での選択のプロパティMac での選択のプロパティ

選択図形
選択範囲の形状 (四角形、楕円、多角形、フリーハンド) を選択します。
選択図形

選択図形に関するヒント:

  • 正方形を描くには、[四角形] を選択して、Shift キーを押したままキャンバスに図形を描きます。
  • 円を描くには、[楕円] を選択して、Shift キーを押したままキャンバスに図形を描きます。
  • 多角形の場合:
    1. キャンバスをクリックすると、図形の各角が固定されます。
    2. ダブルクリックすると、図形の最後の角が固定されます。
  • フリーハンドで図形を描くには、クリックしてドラッグします。

オブジェクトにスナップ
このオプションを有効にすると、選択範囲内のテキストや不定形のオブジェクトにスナップします。スライダーをドラッグして、選択するオブジェクトを調整します。
オブジェクトにスナップ

背景の塗りつぶし
選択範囲が移動または削除されたときに範囲を塗りつぶす方法を選択します。
背景の塗りつぶしのオプション

  • 透過: 範囲を透明で塗りつぶします。
  • 自動塗りつぶし: 選択範囲の周囲のコンテンツに基づいて自動的に塗りつぶされます。
    • 最適化 – 速度 (Windows のみ): 無地のコンテンツや、塗りつぶしの詳細が重要でない場合に使用します。
    • 最適化 – 写真品質 (Windows のみ): 高度なカスタマイズと高品質な塗りつぶしに使用します。