キャプチャ設定をプリセットとして保存する

キャプチャ設定を自動的に記憶するプリセットを作成することで、時間を節約できます。

tutorial

このチュートリアルの内容:

プリセットは、キャプチャ設定を自動的に記憶します。プリセットを使うと次の操作を実行できます。

  • よく使用するキャプチャの設定を保存します。
  • 手元のタスクに基づいてキャプチャの種類をすばやく切り替えます。
  • 特定の場所やアプリケーションのキャプチャに効果を自動的に追加したり、キャプチャを共有したりできます。

プリセットによるキャプチャ

  1. キャプチャ ウィンドウで [プリセット] ボタンをクリックします。
    [プリセット] ボタン
  2. 利用可能なプリセットの一覧が展開されます。赤いプリセット キャプチャ ボタンが表示されるまで、目的のプリセットにカーソルを合わせます。ボタンをクリックしてキャプチャを開始します。
    プリセット キャプチャ ボタン

高度なヒント: キーボード ショートカットを割り当てるには、[ホットキーを追加] (Windows) または [+ ショートカット] (Mac) フィールドをクリックし、キーボード上で希望するキーの組み合わせを押します。

新しいプリセットを追加する

現在選択されている設定に基づいて、新しいプリセットをすばやく追加します。

  1. キャプチャ ウィンドウで、[プリセットの追加] ドロップダウンをクリックします。
    プリセット ドロップダウン
  2. ドロップダウンから [現在の設定からプリセットを新規作成] オプションを選択します。
    メモ: [新規プリセット] を選択してプリセットを追加し、開いたウィンドウでプリセットに追加するキャプチャ設定を手動で選択することもできます。
  3. 保存済みプリセットの一覧に新しいプリセットが追加されます。プリセットの名前を入力して、Enter キーを押します。
    プリセット フィールドへの名前の入力
  4. キーボード ショートカットを割り当てるには、[ホットキーを追加] (Windows) または [+ ショートカット] (Mac) フィールドをクリックし、キーボード上で希望するキーの組み合わせを押します。
    ホットキーの追加ショートカットの追加

プリセットを編集する

  1. キャプチャ ウィンドウで [プリセット] ボタンをクリックします。
    [プリセット] ボタン
  2. 利用可能なプリセットの一覧が展開されます。プリセット名の右側にある プロパティ アイコン アイコンをクリックして、ドロップダウンのオプションのいずれかを選択します。
    プリセットのプロパティ ドロップダウン

プリセット一覧を並べ替える (Windows)

  1. プリセットの移動アイコン アイコンが表示されるまで、目的のプリセットにカーソルを合わせます。
  2. アイコンをクリックしてドラッグすると、プリセット一覧の中でプリセットを上下に移動することができます。
    アイコンをドラッグしてプリセットを移動

プリセットを共有する (Windows)

Snagit プリセット (.snagpresets) にエクスポートしたキャプチャ設定をインポートすることで、設定を他のユーザーと共有できます。

プリセットをインポートする

  1. キャプチャ ウィンドウで [ファイル] > [プリセットをインポート] を選択します。
  2. Snagit プリセット ファイル (.snagpresets) を選択して、[開く] をクリックします。Ctrl キー (Windows) または Command キー (Mac) を押したままクリックすると、複数のプリセットを選択できます。
  3. Snagit で、インポートしたプリセットが保存済みプリセットの一覧に追加されます。

プリセットをエクスポートする

  1. キャプチャ ウィンドウで [プリセット] ボタンをクリックします。
    [プリセット] ボタン
  2. 利用可能なプリセットの一覧が展開されます。プリセットの横にある プロパティ アイコン アイコンをクリックして、[エクスポート] を選択します。
    プリセットのプロパティ ドロップダウン
  3. [名前を付けて保存] ダイアログ が表示されます。場所を選択します。
  4. ファイル名を入力します。
  5. [保存] をクリックします。